研究会日程

第56回 日本運動障害研究会プログラム

当番幹事:東京大学医学部附属病院 神経内科 濱田 雅
日時 2018年7月21日(土)
時間 14:00〜18:00
場所 大日本住友製薬(株)東京本社 10階会議室
東京都中央区京橋1丁目13番1号 » 地図はこちら
TEL:03-5159-2500

■スケジュール

14:00〜
14:15
レボドパ賦活型パーキンソン病治療薬『トレリーフ錠』
最新の話題
14:15〜
15:30
【SESSION 1】
○座長:自治医科大学附属さいたま医療センター 神経内科
ア山 快夫 先生
  1. 甲状腺機能亢進症に伴う舞踏病様不随意運動の1例
    長岡正範、山口美佳、熊谷安夫*
    (明倫会日光野口病院)
    *(明倫会今市病院)
  2. パーキンソン病における二足歩行及び四足歩行の定量的解析
    佐々木拓也*1,2、濱田雅*1、四津有人*3,4、
    徳重真一*1,5、芳賀信彦*3、宇川義一*6、戸田達史*1
    *1(東京大学 神経内科)
    *2(横浜労災病院 神経内科)
    *3(東京大学 リハビリテーション科)
    *4(茨城県立医療大学医科学センター)
    *5(杏林大学 神経内科)
    *6(福島医科大学 神経内科)
  3. 陰部、肛門の感覚異常を訴えるパーキンソン病患者4例の検討
    柏原健一、永井大士、北山通朗
    (岡山旭東病院 神経内科)
  4. 脳梗塞後遺症に対する自己骨髄由来間葉系幹細胞の静脈注射治療
    ア山快夫*1、井上啓太*2、辻晋作*2、寺島洋一*2
    *1(自治医科大学附属さいたま医療センター 神経内科)
    *2(アヴェニュー・セルクリニック)
15:30〜
16:45
【SESSION 2】
○座長:獨協医科大学埼玉医療センター 神経内科
主任教授 宮本 智之 先生
  1. 発熱を契機に発症し、解熱とともに寛解する慢性脱髄性ニューロパチーの1例
    伊佐恵、堀内碧、山崎啓史、中川慶一、
    和田大司、角谷彰子、角谷真人、海田賢一
    (防衛医科大学校 神経内科)
  2. 経過9年のPLSにDaT集積低下・MIBG H/M比低下・L-Dopa反応性を認めた83歳女性例
    勝瀬一登、佐藤謙一郎、内上寛一、
    代田悠一郎、濱田雅、戸田達史
    (東京大学医学部附属病院 神経内科)
  3. STN-DBSに加えLCIG療法を導入したパーキンソン病の1例
    角奈保子、石川若芸、田妻卓、林正裕、
    石橋はるか、杉本太路、黒川勝己、山脇健盛
    (広島市立広島市民病院 脳神経内科)
  4. 当院でのレボドパ/カルビドパ水和物配合経腸用液(LCIG)使用患者におけるチューブトラブルの経験
    山田英忠、渡邉友彬、菊本舞、西川智和、
    山ア雅美、福塲浩正、宮地隆史
    (国立病院機構柳井医療センター)/li>
16:45〜
17:00
coffee break
17:00〜
18:00
【特別講演】
○座長:東京大学医学部附属病院 神経内科
濱田 雅 先生
パーキンソン病の病態生理
花島 律子 先生
(鳥取大学医学部医学科 脳神経医科学講座 脳神経内科学分野 教授)